SERVICE

気象予測システム

気象データの4Dグラフッィク化と各ビジネスにおける気象影響を予測するシステム

気象データを集め「4Dグラフィク化」することで、風の流れや、雲の動き、雨の強さ、気圧の動きをリアルに再現します。

これまでの気象予測の映像は、平面上の画面に「お天気マーク」が付いているといった二次元的なものでしたが、私たちはユーザーが宇宙から地球の天気を見ているような映像を実現できます。

さらにユーザーが視点を自由自在に操れるため、なるで自分がそこにいるような臨場感を実現できます。

気象情報の「4Dグラフィク化」は、見る人に、より直感的、インパクトのある映像を伝えることができ、コンテンツとして大きな付加価値になります。

このシステムを応用し、他のオープンデータや自社のビックデータと組み合わせることで、気象条件がビジネスに与える影響を瞬時に把握することが可能になり今後の見通しや対策が取れるようになります。

例えば離着陸時における飛行機に対して、空港周辺の風の流れや、船舶への気圧配置、鉄道への路線降水量、ダムと河川の増水量などのデータを、今後数時間の状況を予測し映像として配信することができます。

CONTACT