SERVICE

システムメーカー

自然災害にも負けない「耐久性」と「長期信頼性」を備えた太陽光発電パネル

地球温暖化、異常気象などの環境問題対策が、世界中で急務とされている中、個人・企業・行政レベルでクリーンエネルギーの導入・取組みは必要不可欠になっています。

そのクリーンエネルギーの代表ともいえる太陽光発電は、最も有力なエネルギーとして世界中で推進されており、近年日本でも飛躍的な生産・導入が行われています。

system-maker

一方、近年各地で発生する集中豪雨や突風、豪雪などの自然災害が数多く発生しており一部の地域ではメーカーの設置制限により、太陽光発電システムが設置できない状況にありました。

GRIDは「全ての地域でこの有力なクリーンエネルギーである太陽光のシステムを設置可能にしたい」「世界中でクリーンエネルギーを利用可能にしたい」という強い想いがあります。

また、太陽光パネルは自然災害時に停電が発生し電力会社からの電力供給が断たれた場合でも、昼間または夜間でも蓄電池と組み合わせることでエネルギー(電気)を供給することができます。

GRIDは「自然の恩恵でエネルギーを創り出す太陽光パネルが自然災害で壊れてしまってはならない」と考えています。

そこでGRIDは雨、風、雪の多い地域また突発的に発生する自然災害にも負けない太陽光発電パネル「Tough Module」を開発しました。

「Tough Module」はパネルのガラスの厚み、特殊なフレームな構造、テンションバー、などのプロダクトデザインにより海外で標準とされる耐風圧荷重の試験基準値(2400Pa)の2倍以上の強度を確保しこれまで設置不可能とされていた強雨地域、積雪地域、高所への設置を可能にしました。

この仕様は風や雪の強い地域向けのオーバースペックなものではなく、どの地域においても多発している突発的な自然災害を想定し、全ての太陽光パネルの「標準仕様」であるべきだとGRIDは考えています。

CONTACT