第4回 ReNomユーザーコミュニティの登壇のお知らせ

2017年最後の開催となる∞ReNom User Group (RNUG) #4、にて、弊社のテクノロジーソリューショングループ エンジニアチーム沼尻が、「ReNomを用いた物体検出アプリケーションの紹介」と題し、ReNomを用いて新たに物体検出のアプリケーションを作成しているので、そのアプリケーションについてご紹介いたします。

RNUG #4は、Analyticsに関する最新情報と企業による機械学習活用事例を中心にお届けします。RNUGは、スキルアップ、情報交換、ミートアップの場です。プログラム終了後には、懇親会も開催いたしますので、多くの方々にご参加頂けると幸いです。当日、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

■「RNUG」とは■
人工知能、データ分析の技術を活用し、実ビジネスに役立てようとされる方たちの集まりとして“∞ReNom User Group ( RNUG ) ”を2017年7月に立ち上げました。 分野を越えて最新情報やノウハウの情報交換を行うことで、人工知能の先進的な価値を生み出していけると考えています。ReNomの最新情報を提供するとともに、コミュニティメンバーのノウハウ・事例の共有や、ハンズオン、ワークショップなども行っていきたいと考えております。

■開催概要■
日 時:2017年12月12 日(火)  スタート:19:00~
会 場:サイボウズ株式会社(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階)
アクセス: https://cybozu.co.jp/company/access/pdf/map_tokyo.pdf
参加費:無料(事前申込制) ※懇親会にご参加される方は当日の受付時に1,000円頂きます。
定 員:100名
運営主体:RNUG運営事務局
イベントサイト:https://rnug.connpass.com/event/71738/

■プログラム■
19:00 – 19:10 「オープニング」

【最新情報】
19:10 – 19:30 「ReNomを用いた物体検出アプリケーションの紹介」
株式会社 グリッド テクノロジーソリューショングループ エンジニアチーム 沼尻 匠
ReNomを用いて新たに物体検出のアプリケーションを作成しているので、そのアプリケーションについてご紹介します。

【企業によるAI活用事例セッション】
19:30 – 19:50 「TEPCO電力需要予測コンテスト」
千代田化工建設株式会社 AIソリューションユニット 藤井 渉氏
東京電力グループが主催する電力需要予測コンテストにおいて、2種類の予測とレポート提出という高難易度の課題にもかかわらず、データソースや前処理を工夫した取り組みで、特別賞を受賞した、その予測手法についてご紹介します。

19:50 – 20:10 「製造プロセス分野へのReNom TDAの適用」
三井情報株式会社 デジタルトランスフォーメーションセンター IoT技術部 イノベーション技術室 黒澤 晋氏
Topological Data Analysis(TDA)は位相幾何学を応用した非常にユニークなデータのクラスタリング/可視化手段です。今回我々は、ある工業製品の各生産工程より得られたデータに対してReNom TDAを適用し、不良率改善のための重要な示唆を得ることが出来ました。

20:10 – 20:30 「ビールの品質を支える混濁菌研究への挑戦」
アサヒビール株式会社 酒類技術研究所 農学博士 竹末 信親氏
アサヒビールでは酵母をはじめとする様々な菌に関する研究を実施されております。今回は混濁菌と呼ばれるビールの濁りとなる原因の菌の発生について、機械学習と深層学習(ReNom)でどの程度結果に違いがでたか説明します。

20:20 – 20:30 「クロージング」

20:30 ~ 懇親会
「懇親会」
※懇親会は、講演者と参加者のネットワーキングの場として懇親会を開催致します。

■注意事項■
当日はお名刺をお持ちください。
座席は一部を除き自由席となります。
当日撮影した素材は雑誌やウェブサイトなどで使用される場合がありますのでご了承ください。
タイムテーブル、スピーカー、開始・終了時間については予告なく変更が生じる場合がございますのでご了承ください。
領収書の発行はできかねますのでご了承ください。

■お申込み方法■
以下、サイトよりお申込みください。
https://rnug.connpass.com/event/71738/

■お問合せ先■
RNUG運営事務局
詳細は RNUG WEBにて https://rnug.connpass.com/