【登壇レポート】CEATEC JAPAN 2017にて、経済産業省主催「Connected Industries」シンポジウム パネルディスカッションに弊社蝦名が登壇しました。

2017年10月4日(水)、幕張メッセ 国際会議場 2 階 国際会議室にておいて、経済産業省主催の「CEATEC JAPAN 2017 「Connected Industries」シンポジウム」が開催され、弊社テクノロジーソリューショングループ エバンジェリスト蝦名が、セッション 2「大手・中堅企業と AI ベンチャー企業連携の先進的取組」にパネリストとして登壇しました。

 

弊社と業務提携をさせていただいている千代田化工建設は、CEATEC JAPAN 2017における経済産業省主催のシンポジウムにおいて、先進企業の取り組みとして紹介されました。AIなどの新たな技術を取り入れてイノベーションを生み出していくには、ベンチャー企業の力が不可欠であるものの、大企業における意思決定や、AI理解へのスピード感の違いから、「大企業」×「ベンチャー」の取り組みは、まだまだ先進的であるためです。

 

当日はシンポジウムの冒頭に、コンセプトムービーが流れ、経済産業省 商務情報政策局 大臣官房審議官の前田氏によるConnected Industriesの取り組み概要の紹介があり、ディスカッションへと移りました。

弊社と千代田化工建設との組み合わせは、エンジニアリング技術とAIアルゴリズムのタッグという、ユニークな取り組みとして、さまざまなご興味をいただくことも多かったのですが、公に2社が並んで登壇という稀有な機会となりました。

 

 

千代田化工建設からは、日頃お世話になっているAIソリューションユニット GMの井川氏に登壇いただき、弊社からはエバンジェリストの蝦名が登壇しました。我々の組がトップバッターとなり、「提携に至った経緯」や、「なぜ、大企業とベンチャーという取り組みが実現したのか」、「AI人材をいかにして確保するのか」など、取り組みたいと考えつつも、なかなか実行することが難しい大企業担当の方へ、勇気を与えるようなディスカッションでした。また、経営目線を踏まえつつも、実際の解析現場に携わる身である井川氏と蝦名からの取り組みにおけるノウハウが随所に盛り込まれ、データ解析に携わるあらゆる現場担当者へのメッセージ性も高いものとなり、Connected Industriesにおける重要課題の一つであるプラント・インフラ保全に対しての先進事例として、意義深い登壇となったように感じます。
他にも、ABEJA+東京急行電鉄、リープマインド+大日本印刷の取り組みについても、ディスカッションにてあげられていました。

 

 

これからConnected Industryというテーマに取り組む企業の方々にとって、相互にプロジェクトに真摯に取り組むことの重要性が、事例とともに語られ、大変有意義な3組の取り組み紹介になったと思います。短い時間ではありましたが、日本を代表する国際会議の場において、力強いメッセージを届けられる貴重な機会となりました。

 

ディスカッションを主催くださった経済産業省の皆様に厚く御礼申し上げるとともに、一緒に登壇いただきました井川様と、千代田化工建設のみなさまへ感謝申し上げます。これからもどうぞよろしくお願いします!