【登壇レポート】第2回 ReNomユーザーコミュニティにおいて弊社エンジニアの諏訪と沼尻が登壇しました。

2017年9月26 日(水)、六本木のSpeee Loungeにおいて開催された「∞ReNom User Group (RNUG) #2」に、弊社テクノロジーソリューショングループエンジニアチームの諏訪と沼尻が登壇しました。

ReNom User Group (RNUG)とは、人工知能、データ分析の技術を活用し、実ビジネスに役立てようとされる有志の集まりで、スキルアップや情報交換やミートアップの場として9月にスタートしたコミュニティです。今回のRNUG #2は、ReNom ver2.0が8月8日に公開されたことを受けまして、ReNom ver2.0最新情報の提供と、いち早くReNomを触っているユーザーの皆さまにショートセッション を5本お送りしました!

当日は、約60名にご参加頂き、3分の2以上の方が実際に手を動かしてフレームワークを触ったことがあるという中で、RNUG運営事務局のオープニングの挨拶からスタートしました。

 

続きましては、弊社のテクノロジーソリューショングループ エンジニアチーム諏訪より、 「強化学習を用いたポートフォリオマネジメントの試み」をテーマとして、強化学習によるポートフォリオマネジメントアルゴリズムを実装したことについて、紹介しました。

 

 

その後は、ユーザーによる15分のショートセッションとして5本お届けしました。

① 株式会社エル・ティー・エス 渡辺 翔太氏より「AIによる働き方改革!~本当にストレスを感じている社員を見逃すな~」をテーマとして、ストレスを抱えていそうな自社の社員を、データ(勤怠データ・経費データ・工数データ)から見つけられないかと問題意識をもち、ReNomを使ったデータ分析について、紹介されました。

② 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 藤澤 好民氏より、「ハイパーパラメータ触ってみた」をテーマとして、ハイパーパラメータを使用した時の調整の苦労や、ハイパーパラメータ探索の効果について、紹介されました。

③ 東京大学医学部医学科3年 成家 悠太氏より、「機械学習を医療に応用するために」をテーマとして、この1ヶ月間でReNomを使って行った実験について、紹介されました。

④ 富士通株式会社 山中 惇平氏より、「Infrastructure as CodeでReNom環境構築入門」をテーマとして、データの分析環境の骨が折れたりする部分について、紹介されました。

⑤ 弊社テクノロジーソリューショングループ エンジニアチーム 沼尻より、「トポロジカルデータアナリシスの理論と実践」をテーマとして、トポロジカルデータアナリシスの手法について、紹介しました。

 

懇親会は、前回同様にお酒とビザを囲みながら、皆さんがざっくばらんに自己紹介をはじめ、ショートセッションの内容を具体的に質問されていたり、情報交換を積極的に行っていました。前回の「∞ReNom User Group Kick Off Event」より、引き続きご参加頂いた方からは、「お久しぶりですね。」といった嬉しいお声かけがあったり、「TDA(Topological data analysis)を初めて聞いたが、理論的なところが理解できたので、面白いと思いました。」などの声を聞くことが出来ました。

 

次回RNUG #3は、11月8日(水)19時~DEJIMA(デジマ)にて開催予定です。
ReNomを使ったユースケースをユーザー間で共有して、色々なアイデアを出し合い、アナリティクス市場を一緒に盛り上げていきましょう!

 

ご参加頂いた皆さま、どうも有難うございました。次回も皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

RNUG情報はFacebookでもチェックできます!
https://www.facebook.com/rnugjp/