【登壇レポート】人工知能活用促進産業推進セミナーin台湾桃園市

2017年8月3日(木)開催、国際金融双星ビルにて行われた、台湾桃園市政府・経済発展局主催「人工知能活用促進産業推進セミナー」に、弊社テクノロジーソリューショングループ西川が登壇しました。

人工知能活用促進産業推進セミナー」とは、ホンハイ等の工場も有する工業団地の台湾桃園市政府が、アジアのシリコンバレーを目指すべく、有力な外資系企業の誘致と技術移転を目指したキックオフイベントです。今年のテーマは、急速にデジタルトランスフォーメーションが進展する中において、日本のAI企業を代表する会社が今回のセミナーに参加し、台湾企業との連携や経済発展についての検討する会でした。

当日は「先進AI技術の活用事例と状況」と題し、弊社西川より会社紹介やAI活用事例についてご紹介しました。

台湾蔡総裁が掲げるシリコンバレーの構想を実現するための、キックオフイベントとして、日本を代表する先端技術企業であることをアピールできる場となりました。また、AI活用を促進したい台湾企業との業務提携の促進も視野に入れた取り組みであり、政府としてはどれだけの協業シナジーが生まれるかが成果となっているため、本気度が伺えました。
また、アジア地域における台湾の戦略、今後のデジタル化の課題や日本の先進技術や活用例に対する台湾の期待を直接体感することができ、実のある時間となりました。

ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。また皆様にお会いできることを楽しみにしています。